2008年10月29日

ギョーザの皮作り

本日はギョーザの皮作りのお話です。私の働いているお店では皮からそのお店で製造しています。いつも粉まみれになってしまいます。そこで妻から借りた割烹着のような前掛けをしてやることにしたのですがパートのおばさんたちから失笑をかってしまいました。

皮はうちのギョーザでは大変大切なもの。通常の皮よりかなり厚めでもちもちとした食感を出すためにはその場で製造することが欠かせません。製麺機で長い板状のものを何度もローラーに通して薄く延ばしていき、できたものを型で抜いていきます。この作業が結構腰にきます。
皮の製造機は、いろいろなものがあり型抜きまでやってくれくものもあるようです。実際今お店に入っているものは作業効率が悪く、皮を作るまでに時間が掛かり製造数も限界がありそうです。自分のお店を出す際はどういったものにするかよく検討しなれればならないポイントだと思います。しかし便利なものはやはり値段が高い。そのあたりもこれから調査検討です。中古品なんかもあるようですので。
DSC03298.JPG

posted by 少林 at 11:32 | 少林ギョーザ オープンまで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする